データピープルの羽ばたく組織とは?

オンライン

データピープルの羽ばたく組織とは?

※お申し込みは終了しました

DX文脈でビジネスでのデータ活用が叫ばれ数年が経ちました。
日本の組織は基礎的なツールを用意し、データ人材の育成を推奨することで、その第一歩を踏み出しはじめました。
生成AIの登場から1年以上が経過した2024年に、組織はどのような二歩目を踏み出せばよいのでしょうか。

本セミナーでは、豪華ゲストをお迎えして「データピープルの羽ばたく組織づくり」や「最新のデータ活用事例」「AI活用事例」などをご紹介します。
世界的なBIプラットフォームであるTableauを牽引するSalesforce社のリードソリューションエンジニア 盛 良太氏
新時代のデータクラウドプラットフォームであるSnowflake社のシニアプロダクトマーケティングマネージャー 兼 エヴァンジェリスト KT氏
データとAIと機械学習モデルの次世代プラットフォームを構築するDataiku社のカントリーマネージャー 佐藤 豊氏
モデレーターは、ベルシステム24デジタル&クリエイティブ局 局長の川崎 佑治です。

ご視聴になる方にとって、2024年度の新体制へのヒントとなれば幸いです。

こんなお悩みありませんか?

  • データ人材が活躍できる組織づくりを知りたい

  • 最新のデータ活用事例を把握したい

  • 先進企業のAI活用事例が知りたい

OUTLINE OF THE EVENT開催概要

  • 主催

    株式会社ベルシステム24
  • 日時

    2024年2月6日(火)15:00~16:30
  • 会場

    オンライン開催(Zoom)
  • 会場URL

    ※お申込みいただいた方には個別メールにてZoom視聴URLをお送りします。
  • 参加費

    無料
  • 対象

    データ・AI活用などの推進部門を統括する方および担当者の方、ビジネスのトレンドや最新情報を学びたい方
    ※弊社が競合企業と判断した方、法人格を持たない個人の方、フリーメールアドレスでのお申し込みはご参加をお断りいたします。
  • 登壇者

    盛 良太 氏(株式会社セールスフォース・ジャパン ソリューションエンジニアリング統括本部 Tableau本部 第一ソリューション部 リードソリューションエンジニア)
    セールスフォース・ジャパンのTableau担当ソリューションエンジニアとして、主に旅行、運輸、エネルギーなどのユーティリティ業界向けにTableauの導入を支援している。以前は調査会社でデータ分析部門のマネージャーを経て、2020年6月から現職。

    KT 氏(Snowflake合同会社 シニアプロダクトマーケティングマネージャー 兼 エヴァンジェリスト)
    人々にデータを届けるため世界のデータをモビライズするグローバルネットワーク「データクラウド」の実現に奔走するSnowflakeエヴァンジェリスト。 プロダクトが掲げるビジョンを伝導し、文化の源泉であるコミュニティ作りを生業とする。1800人近くの卒業生を輩出するDATA Saber制度の創設者。

    佐藤 豊 氏(Dataiku Japan株式会社 カントリーマネージャー)
    データカルチャーの醸成、Data Driven Decision Makingの定着、データ活用の国際差と地域格差の撤廃、データ活用の真の民主化に情熱を注ぐ。セールスフォース・ジャパン 常務執行役員 Tableau事業統括カントリーマネージャーを経て2023年4月より現職。好きな言葉は「Unleash (解き放つ)」

    川崎 佑治(株式会社ベルシステム24 デジタル&クリエイティブ局 局長)
    国内大手のBPO事業者である株式会社ベルシステム24にて、行政や銀行、IT業といったさまざまなクライアントのカスタマーエクスペリエンスをデザイン・実装する業務に従事。 2021年より同社で「人に寄り添ったDX」を推進、2023年から新たにセールスイネーブルメント推進も担当。各種IT系イベントに多数登壇。

  • お問合せ先

    株式会社ベルシステム24 インフォメーション

※お申し込みは終了しました